メニュー

スパイス薬膳

五千年前からインドに伝わる伝統医学「アーユルヴェーダ」にもとづき、季節ごとの体調にあわせてスパイスで作るお弁当。

香取薫

インド・スパイス料理研究家

香取薫監修

食べる潤い
  • ❶食前の生姜

    岩塩とレモン汁で和えた生姜を食前に。消化力がUPします。

  • ❷ダールマ

    東インドの郷土料理で、マスール豆(皮なしのレンズ豆)と季節の根菜を煮込んだ豆カレー。ギーでタルカしたクミンなどを一皿一皿にかけて仕上げています。

  • ❸サツマ芋のカルダモン&レモン風味

    脂肪を燃焼し、脳内血流を上げリラックス効果もあるカルダモンを使ったインド風のサツマ芋煮。

  • ❹ムーングワダ

    皮つきの緑豆(ムーング)で作った、食べ応えのある団子(ワダ)。お腹の張りを防ぎ、消化や腸の働きを助ける作用があるヒーングを使っています。

  • ❺トマトチャトニ

    マスタードシードとレッドペッパーで煮詰めた、スパイシーなインド風トマトソース。ムーングワダとの相性も抜群♪

  • ❻青菜のギーご飯

    ギーは、インドに古くからあるバターオイルの一種で、抗酸化作用や免疫力や消化を高める等、最近注目のオイル。小松菜と皮なしの緑豆を、ギーの風味でおいしくまとめたご飯です。豆とギーの良質な油脂で、体の中からうるおいを。

  • ❼ギー香る野菜グリル

    グリルした季節野菜にミントやマンゴーが入った酸味のあるミックススパイスをアクセントに。ダールマと一緒に混ぜで食べてもおいしいです。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。